Uncategorized

【ヨールキ・パールキ】軍隊式性欲管理の第4話のあらすじ解説!楽しむために無料で立ち読み!

上官達に囲まれ、精液の限りを浴びせられる

 

クスリによって感度を上げられた大尉は

 

激しく乱れ、複数の上官達にオモチャにされてしまうエピソードである。

↓無料の試し読みはこちら↓

登録せずに5秒で即読み

前回までの復習

性欲管理部なるものが軍隊に設置され、そこではダリア・ミラー大尉が任務についていた。

 

彼女の仕事内容はこうだ。

  • 個人の趣向を把握し、確実に性欲を処理する
  • 挿入は禁止

つまり挿入はしないが、性欲が不完全燃焼で終わることは許されず、確実な任務を追求される。

 

前回のまとめはこちら

 

今宵もダリア大尉によって性欲を処理される人間が現れる。

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料でエロい大尉をみる←

↑↑会員登録なし、8秒で読める↑↑

第4話 上官に薬を盛られた大尉は数人がかりで…

時折上官が任務地に視察に来ることがある。

 

そんな時には大抵上層部を集めた食事会が開催されることがよくあり、

 

性欲管理の業務を含んだ食事会であることが多い。

 

ここで上官がダリア大尉に食事後の性欲管理業務における大尉の身体を案じているという名目でクスリを盛られてしまった。

 

補佐官はそれを止めようと試みたが、上官の意向には逆らえない

 

結局大尉はクスリを飲んだ状態で、業務が始まってしまった。

 

相手は4人。4対1の5Pである。

 

おそらくクスリを盛った上官以外は今まで性欲管理の業務を受けることがなかったのだろう。

 

初めて体験する大尉のテクニックの前に驚きを隠せないようだ

 

圧倒的なエロスを感じさせるカラダ、フ◯ラの舌遣い、素股の腰のうねり

 

その全てが上官達を満足させていく

 

熟練された上官らしく、自分達だけでなく大尉を悦ばす事も忘れない

 

激しく乳首をつまみ、ク◯を刺激していく

 

それに大尉は恐縮しつつも、クスリによって上げられた感度によって

 

乱れきってしまうほどの快感を手にしていく。ついには潮を吹いてしまうほどに

 

股の間におチ◯ポをはさみ、両手でおチ◯ポを捕まえ、シゴキだす

 

その激しく熱い夜は朝まで続いたという

 

そして業務終了後、補佐官はクスリによって立つ事もままならない大尉を抱きかかえて部屋へと連れ戻っていた。

↓無料の試し読みはこちら↓

登録せずに5秒で即読み

読むためのキーワード

この第4話を読むにあたって 知っておくべきキーワードはこちら

  • クスリによる大尉の乱れ具合

以上を解説していこう

クスリによる大尉の乱れ具合

今回はクスリによって大尉がおかしくなってしまうところがミソである。

 

もちろんいつもエロくてお世話になっている大尉だが・・・

 

クスリによって感度を上げられた大尉は

 

いつもよりエロい発言が多い気がする

 

このダリア大尉はエロい発言が非常に可愛らしいのが特徴的だ。

 

見た目の洗練された美しさからは想像も付かないエロくまた可愛らしい発言の数々

 

これらがギャップの魔力かと改めて感心させられるほどの違いだ。

 

そのギャップは今回のエピソードではふんだんに出ているのでは無いだろうか。

 

ただエロい、それだけでは終わらない大尉の魅力は本当の底なしだと思う。

↓無料の試し読みはこちら↓

登録せずに5秒で即読み

抜きどころ

今回の抜きどころだが、

「初めての潮吹きシーン」であろう。

 

今までは隊員達をそれぞれの性癖に合わせて積極的に奉仕してきて大尉は

 

自分でク◯イキをすることはあっても、ク◯を重点的に責められることはなかった。

 

そのため、今回上官達の熟練した技とクスリとの合わせ技により、潮吹きをしてしまう。

 

その際のダリア大尉の表情やセリフが非常に可愛くエロく、抜けるのである。

 

ここは是非とも必見である事を強く強く推しておく。

ギャップ萌えにはたまらない回になったことは間違いない。

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料でエロい大尉をみる←

↑↑会員登録なし、8秒で読める↑↑

次のエピソードが読みたい人はこちら

よくある質問:どの話がオススメ?

私のイチオシはやはり最終話!

いや、第6話からの流れがあるため、

第6話から最終話に行く流れが一番だろう!

もちろん他の話も全部エロいし、

色んなパターンがあって良いが、

一番オススメはどれかと言われれば

迷わず最終話と答える

 

何故なら一番抜けるから!!!

 

挿入シーンがあるからっていうことではなく

溜まりに溜まった大尉の性欲の激しさが

猛烈にエロすぎる!!!

 

最終話にして最高傑作!!!

 

でも普通に電子書籍って

一巻とかを丸ごと買うことになるから高い。

 

でもBookLive!コミック(通称ブッコミ)

なら、なんと88円で買うことができる♪

安すぎる…

 

その理由は、1話ごとに買えるから。

 

この話だけ読みたいという時はその話だけ

買えばいいし、1巻丸ごと買いたければ

買う事もできる。

 

だからもしこの「軍隊式性欲管理」に

興味が出て読みたいという人はまず

この最終話(できれば第6話から)だけでも

買って読んでみたら良いのではないだろうか。

 

そうすれば万が一失敗したなと思っても

損するのは88円だけ!

 

100円玉でお釣りがくるぐらいの値段なら

さほど痛手にはなるまい?

私のブッコミの活用方法

まずは試し読みをしてみて欲しい。

ほぼ全ての作品が試し読み対応。

これには会員登録も必要ないので

開いて5秒で読めてしまう

↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料でエロい大尉をみる←

↑↑会員登録なし、8秒で読める↑↑

ちょっと良いなと思ったら気になる話を買ってみて

 

お気に入りになった作品は丸ごと買ったら良い

 

そして買った作品はマイページの

「ブックケース」というところに

自動的に保管されるので、

いつでも好きな時に取り出して読むことができる。

 

私はもう100冊以上が「ブックケース」

の中に入っている♪

 

いくら買っても置き場所に困ることがなく

どこにあるかなどと探す必要もなく、

開けばすぐそこに作品があるので

かなり重宝している!

ブッコミの特徴とは?

私がいつも使っているこのブッコミには

他にはない特徴が沢山あるのだ。

  • 創設15周年の歴史をもつ日本で初めて携帯電話向けのコミック配信を開始した老舗のサイト。

 

  • 100万冊以上の豊富な品揃え

 

  • 安くて良心的な価格設定(330円〜)とシステム

 

  • 電話代と一緒に支払えて非常に便利なキャリア決済に対応

 

  • 今なら初回契約月が無料になるキャンペーン実施中!

 

  • 使い続けると継続ボーナスが毎月貰える

この中でも私が素晴らしいと思う特徴を少し解説しよう。

安くて良心的な価格設定(330円〜)とシステム

このブッコミでは基本的に月額会員となる。

月額でポイントを購入して、

ポイントで作品を購入する。

下の画像が料金表。

※詳しくは公式サイト

 

これで嬉しいのはどの料金でも

2ヶ月目以降ボーナスポイントが

付いてくること!

 

全然最安でも問題ない。

もしポイントが足りなくなったら、その都度

必要な分だけ追加購入できるからだ。

 

しかも素晴らしいのは、月額会員を解約しても

登録情報が残っていれば購入済みの作品は

いつでも読めるということ!

 

私も以前は別の電子書籍のサイトに登録

していましたが、ブッコミに変えて

月額会員をやめたら読めなくなってしまった。

 

そういう意味ではブッコミはシステムが

非常に良心的であると言える♪

 

今はお金が無い、今読みたい作品が無い

そんな時は課金はやめておいて、

また読みたい作品が出てきた時に

いつでも課金すれば良いだけなのだから!

これに気付いたあなたはラッキーかも!?

今ならクレジット会員で登録すると

1ヶ月間会員費が無料になるキャンペーン

開催いる!

 

これはクレジットで契約をして

2ヶ月目以降継続すれば誰でも貰える

お得なキャンペーンである!

 

つまりブックライブコミック300コースを

契約をして、2ヶ月継続すれば330円分が

無料になるということ。

つまり2倍お得なのだ!

 

ちなみにこの軍隊式性欲管理は1話88円。

全7話で必要ポイントは616円分。

ということは!?今登録したら300コースで

660円分のポイントが使えるので

全話読めてしまうということだ!

 

5000コースなら5500円分が無料になり

20000コースなら22000円分が無料!?

更に継続ボーナスまで入ってくる!!!

 

これだけは忘れないでほしい!

コースはいつでも変えれるということを。

最初の2ヶ月だけ3000にして

後で300に戻すなんかも可能。

もちろんポイントは引き継がれる。

 

このキャンペーンがいつまで続くのか

そして、次にいつ行われるかどうかも

分からない。

今が会員登録のチャンスであると断言しておく!

↓↓↓登録なしで読めます↓↓↓


↓↓公式サイトの立ち読みへ↓↓

→無料でエロい大尉をみる←

↑↑会員登録なし、8秒で読める↑↑